Home

ギリギリの準備でも大丈夫!

美肌と食事

美肌作りは生活習慣から、とよく言われますね。

ニキビができてしまわないために、また赤ニキビなどに悪化してしまう前に肌の調子を整えましょう。

特に食事によって体内に入れるものは、そのまま私たちの肌と健康に反映されることになります。
美肌に良い食事を摂り、悪い食事を避けるようにするだけで、かなりお肌に良い効果がもたらされると期待することができます。

美肌に悪影響を与える食事として代表的なのは糖質や脂質の多い食べ物です。
例えばお菓子やインスタント食品、清涼飲料水などいわゆる「ジャンクフード」と呼ばれているものは、健康だけでなく肌にも悪い影響を与えます。
またお酒の飲みすぎ、極端なダイエットも良くありません。

逆に肌に良い食べ物としては、ビタミン郡を多く含む食品が挙げられます。
ビタミンA、ビタミンB2、B6、ビタミンCなどが美肌作りには欠かせません。
ビタミンAを多く含む食品としてはニンジンや春菊、ほうれん草、うなぎなど等。
ビタミンBを多く含むのは豚肉、玄米、マグロ、鰯など。
ビタミンCはイチゴやグレープフルーツ、ブロッコリー、ジャガイモなどにも多く含まれています。

しかしだからといって極端に脂質・糖質を避け、ビタミンばかりを摂っていてもやはり良くありません。
要はバランスが大切ということ。
ビタミンを意識しながらバランスの取れた食事をし、できるなら1日30品目を目標に摂取するようにしましょう。

Return to page top